2009年09月10日

ギター修理 リペア:ボディサイド割れ Heritage セミアコ

2009.8.15
高知県 N様より

エレキギター修理 ボディサイド割れ ヘリテージ製セミアコを承りました。


【症状】
・ボディサイド、ジャック部周辺の割れ

エレキギター修理 ボディサイド割れ ヘリテージ製セミアコ 1

エレキギター修理 ボディサイド割れ ヘリテージ製セミアコ 2


【修理内容】
ボディ割れ修正
ストラップピン穴修正 x 2箇所
フレット・指板クリーニング

ライブ中にぶつけてしまった後に、6弦がビビるようになったという事でご来店いただいてましたが、ジャック部を見るとボディが割れている事が判明。

弦のビビりは弦交換で解消されました。
ボディ割れの修正は、塗装なし仕上げになりました。

ストラップピンが2箇所ともに穴が緩くなっていた為、穴埋め修正。
元々ついていたネジもなめており、外すのに苦労しました。

エレキギター修理 ボディサイド割れ ヘリテージ製セミアコ 3

エレキギター修理 ボディサイド割れ ヘリテージ製セミアコ 4

エレキギター修理 ボディサイド割れ ヘリテージ製セミアコ 5

エレキギター修理 ボディサイド割れ ヘリテージ製セミアコ 6



エレキギター修理 ボディサイド割れ ヘリテージ製セミアコ
2009.9.10 修理完了しました。



■24時間受付の安心で便利な通販(楽器や小物など)もご利用いただけます。
→ (別窓) アルペジオ楽器のオンラインショップ(通販)

ギター修理 リペア:ボディサイド割れ Heritage セミアコ
この記事に関するお問い合わせ・ご相談もお気軽にどうぞ
アルペジオ楽器・松岡
TEL:088-878-0177
E-mail:matsuoka@arpeggio-gakki.co.jp

↑ 上に戻る


posted by アルペジオ楽器 ギターリペア at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキギター修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。