2010年07月25日

ギター修理 リペア:ジャック固定 ネック調整 Fender Telecaster

2010.7.25
高知県 O様より

ギター修理 フェンダー ジャパン製 テレキャスター ネック調整&ジャック固定etcを承りました。


【症状】
・ジャックプレートが緩んでる
・ネック順反り
・弦高が高い



ジャックプレートの緩みの原因は、ボディの中に受け込まれている『座金(金属の平らな板)』が変形している事です。
そんな時はこの道具を使用します。


『座金』をボディの穴に入るくらいまで折り曲げて・・・


この道具ごと、ボディの中に入れて、回します。


きれいにできたら、こんな感じ。


【修理内容】
ジャックプレートの固定
トラスロッド調整
弦高調整
弦交換

便利な道具がある物です。
テレキャスのジャックプレートはこの症状がでやすいので、その場合はお気軽にお持ち下さい。

ネジで固定できるジャックプレートもあったり、レスポールの様なプレートに変更する方法もありますよ。


ギター修理 フェンダー ジャパン製 テレキャスター ネック調整&ジャック固定etc
2010.7.25 修理完了しました。



■24時間受付の安心で便利な通販(楽器や小物など)もご利用いただけます。
→ (別窓) アルペジオ楽器のオンラインショップ(通販)

ギター修理 リペア:ジャック交換 ネック調整 Fender Telecaster
この記事に関するお問い合わせ・ご相談もお気軽にどうぞ
アルペジオ楽器・松岡
TEL:088-878-0177
E-mail:matsuoka@arpeggio-gakki.co.jp

↑ 上に戻る
posted by アルペジオ楽器 ギターリペア at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキギター修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。