2010年06月02日

ギター修理 リペア:配線交換 ポット交換 ノイズレス加工 Fender Duo-Sonic

2010.5.24
高知県 I様より

ギター修理 フェンダー デュオソニック 配線&ボリュームポット交換 ノイズレス加工を承りました。


【症状】
・音が時々でない
・トグルスイッチの動きが硬くなってきた
・ノイズが気になる



アッセンブリー作業前。


ポリュームポットに異常があったので調べていると、内部が破損していました。


配線もBELDENに交換してほしいという要望があったので、ピックアップのリード線なども含め、全てBELDENに交換。


アッセンブリーを組みこんだのですが、その後ノイズレス加工の要望あり。


キャビディ内に導電塗料を塗布。


ピックガードに銅箔テープを貼って、シールディング完了。


【修理内容】
配線交換
ボリュームポット交換
ノイズレス加工(銅箔シールド&導電塗料)

ノイズレス加工後は、ほぼノイズカットできました。
ハイ落ちも少なかったので、上々ではないでしょうか。

配線材を全て交換したのもプラスに働いたと思います。


ギター修理 フェンダー デュオソニック 配線&ボリュームポット交換 ノイズレス加工
2010.6.2 修理完了しました。



■24時間受付の安心で便利な通販(楽器や小物など)もご利用いただけます。
→ (別窓) アルペジオ楽器のオンラインショップ(通販)

ギター修理 リペア:配線交換 ポット交換 ノイズレス加工 Fender Duo-Sonic
この記事に関するお問い合わせ・ご相談もお気軽にどうぞ
アルペジオ楽器・松岡
TEL:088-878-0177
E-mail:matsuoka@arpeggio-gakki.co.jp

↑ 上に戻る


posted by アルペジオ楽器 ギターリペア at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキギター修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。