2010年03月15日

ギター修理 リペア:弦アース ハンダ修正 Fender USA STORATCASTER

2010.3.15
高知県 Y様より

エレキギター修理 弦アース ハンダ修正 フェンダー HIGHWAY-1 ストラトキャスターを承りました。


【症状】
・ピックガードとボディの間に一箇所だけ隙間ができてる
・弦高調整



裏パネルを外したら、弦アースのハンダ付けがかなりきわどいです。


赤丸の部分だけでかろうじて接触しています。


修正しようとパーツを外したら、案の定ぽろっと外れました。
予備ハンダもされてないとは・・・


【修理内容】
弦アース、ハンダ付け修正
弦高調整

ピックガードの隙間は、他店さんにクリーニングに出して戻ってきたらこんな隙間ができてたとの事。
単純にキャビティ内に配線材を収納できておらず、ピックガードとボディの間に配線材がはさまれている状態でした。

ピックガードに隠れている部分で外からは見えませんが、ボディが配線材の形にへこんでいたので、少しがっかりしていました。

弦交換の時に、ブリッジアースの不良に気づいたので即修正。
たっぷりハンダが盛られていますが、肝心のアース線はほとんどハンダで止まっていない状態。
ハンダメッキもされていないのは、なぜでしょうかね。

おそらく製造時のミスでしょう。

これでノイズは減ったと思います。


エレキギター修理 弦アース ハンダ修正 フェンダー HIGHWAY-1 ストラトキャスター
2010.3.15 修理完了しました。



■24時間受付の安心で便利な通販(楽器や小物など)もご利用いただけます。
→ (別窓) アルペジオ楽器のオンラインショップ(通販)

ギター修理 リペア:弦アース ハンダ修正 Fender USA STORATCASTER
この記事に関するお問い合わせ・ご相談もお気軽にどうぞ
アルペジオ楽器・松岡
TEL:088-878-0177
E-mail:matsuoka@arpeggio-gakki.co.jp

↑ 上に戻る


posted by アルペジオ楽器 ギターリペア at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキギター修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。