2010年02月25日

ギター修理 リペア:ペグ 交換 Gibson ES-175 OLD

2010.2.22
高知県 S様より

エレキギター修理 ギブソン オールド ES-175 ペグ 交換を承りました。


【症状】
・ペグの遊びが多く曲がっている為、使いづらい。



オールドのES-175ですが、現役バリバリでよく使い込まれています。


交換前の状態。1つはサイズちょうど合うものが出てきた時に交換していました。


KULUSON製の2コブつまみタイプ。
オールドサイズにほぼぴったり合うので、穴の加工は必要有りません。


【修理内容】
ペグ(糸巻き)交換(KULUSON DELUXE)

できるだけオリジナルに近い物を希望でしたので、ギブソンの刻印はありませんが、サイズもほぼ同一で満足して頂きました。


エレキギター修理 ギブソン オールド ES-175 ペグ 交換
2010.2.25 修理完了しました。



■24時間受付の安心で便利な通販(楽器や小物など)もご利用いただけます。
→ (別窓) アルペジオ楽器のオンラインショップ(通販)

ギター修理 リペア:ペグ 交換 Gibson ES-175 OLD
この記事に関するお問い合わせ・ご相談もお気軽にどうぞ
アルペジオ楽器・松岡
TEL:088-878-0177
E-mail:matsuoka@arpeggio-gakki.co.jp

↑ 上に戻る
posted by アルペジオ楽器 ギターリペア at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキギター修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

ギター修理 リペア:ボリューム&トーンポット 交換 Fender Telecaster

2010.2.21
高知県 S様より

エレキギター 修理 フェンダー テレキャスター ボリューム&トーンポット 交換を承りました。


【症状】
・ボリューム&トーンの調子が悪い。(ノイズ多い)



フェンダージャパン製のテレキャス。
10年近く経ってるそうですが、かなりキレイに使っています。


交換前の状態。


すっきり仕上がりました。


交換したポットはいつものギターマンです。
お買い求めはアルペジオ楽器で!


【修理内容】
ボリュームポット交換
トーンポット交換

CTS製を希望されていましたが、シャフト径が合わず日本製のポットに交換しました。


エレキギター 修理 フェンダー テレキャスター ボリューム&トーンポット 交換
2010.2.22 修理完了しました。



■24時間受付の安心で便利な通販(楽器や小物など)もご利用いただけます。
→ (別窓) アルペジオ楽器のオンラインショップ(通販)

ギター修理 リペア:ボリューム&トーンポット 交換 Fender Telecaster
この記事に関するお問い合わせ・ご相談もお気軽にどうぞ
アルペジオ楽器・松岡
TEL:088-878-0177
E-mail:matsuoka@arpeggio-gakki.co.jp

↑ 上に戻る
posted by アルペジオ楽器 ギターリペア at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキギター修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ギター修理 リペア:配線修正 ボリュームポット B.C.RICH

2010.2.10
高知県 F様より

エレキギター 修理 配線修正 B.C.RICH モッキンバードを承りました。


【症状】
・フロントピックアップから、ノイズ大(歪んだビーっという音)


【修理内容】
フロントP.U用ボリュームポットの配線修正

アースが切れてかけてた為、ハンダ付けをやり直しました。


※一緒に持ってきていたマーシャルの小型アンプが、インプットジャックが中に落ち込んでいた為、取り付けを合わせて行いました。


エレキギター 修理 配線修正 B.C.RICH モッキンバード
2010.2.11 修理完了しました。



■24時間受付の安心で便利な通販(楽器や小物など)もご利用いただけます。
→ (別窓) アルペジオ楽器のオンラインショップ(通販)

ギター修理 リペア:配線修正 ボリュームポット B.C.RICH
この記事に関するお問い合わせ・ご相談もお気軽にどうぞ
アルペジオ楽器・松岡
TEL:088-878-0177
E-mail:matsuoka@arpeggio-gakki.co.jp

↑ 上に戻る
posted by アルペジオ楽器 ギターリペア at 19:48| Comment(1) | TrackBack(0) | エレキギター修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

メトロノーム修理 リペア:SEIKO SPM-320 振り子の調整

2010.2.2
高知県 A様より

メトロノーム修理 リペア:SEIKO SPM-320 振り子の調整を承りました。


【症状・依頼内容】
・振り子が両端で引っかかって止まる。



外側から取り出しました。


こんな感じで。


こんなになってるんですが、見た所以上なし。


と思いきや、先端部が曲がっていました。
おそらく上から強い力が加わったと思われます。


故障箇所のアップ。


曲がりを直したら、正確なリズムを刻みだしました。


【修理内容】
軸(?)の修正


メトロノーム修理 リペア:SEIKO SPM-320 振り子の調整
2010.2.3 修理完了しました。



■24時間受付の安心で便利な通販(楽器や小物など)もご利用いただけます。
→ (別窓) アルペジオ楽器のオンラインショップ(通販)

メトロノーム修理 リペア:SEIKO SPM-320 振り子の調整
この記事に関するお問い合わせ・ご相談もお気軽にどうぞ
アルペジオ楽器・松岡
TEL:088-878-0177
E-mail:matsuoka@arpeggio-gakki.co.jp

↑ 上に戻る
posted by アルペジオ楽器 ギターリペア at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。