2009年12月28日

ベース修理 改造 リペア:Gibson Thunderbird 5 アウトプットジャック接触不良

2009.12.28
高知県 K様より

エレキベース修理 ギブソン サンダーバード5弦 アウトプットジャック接触不良を承りました。


【依頼内容・症状】
・アウトプットジャックの接触不良
 (シールドを差しても緩い為、弾いていると自然に抜けてしまう事もあり)


ギブソン サンバーバード(5弦仕様)です。


交換前のジャック。スイッチクラフト製ですが、初期不良だと思われます。


交換後。シールドとの相性を考えて、日本製のジャックを採用しました。


【作業内容】
アウトプットジャック交換

全く抵抗無くシールドが入ってしまい、自然に抜けてしまう状態でした。
モンスターケーブルで試すと、多少は抵抗が出ましたが、それでもかなり緩い事には変わりなく、日本製のジャックに交換することになりました。

フォンプラグでも、微妙なサイズ違いがあるので、お気をつけ下さい。


エレキベース修理 ギブソン サンダーバード5弦 アウトプットジャック接触不良
2009.12.28 修理完了しました。



■24時間受付の安心で便利な通販(楽器や小物など)もご利用いただけます。
→ (別窓) アルペジオ楽器のオンラインショップ(通販)

ベース修理 改造 リペア:Gibson Thunderbird 5 アウトプットジャック接触不良
この記事に関するお問い合わせ・ご相談もお気軽にどうぞ
アルペジオ楽器・松岡
TEL:088-878-0177
E-mail:matsuoka@arpeggio-gakki.co.jp

↑ 上に戻る


posted by アルペジオ楽器 ギターリペア at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ベース修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。